Vaughan Roberts, Rector of St Ebbe's Church, Oxford, and Director of the Proclamation Trust

KMKG cover 3.jpg

Knowing Me, Knowing God

Six Theological Keys to Scripture

In the Bible, God gives us knowledge of himself and of ourselves, so that through these two intertwined strands we may receive what Calvin called 'true and sound wisdom'. In pursuit of this wisdom, many Christians have learned to interpret Scripture chrono-logically, following the Bible’s developing story from creation, through fall, to redemption, and ultimately to restoration. But what of a complementary theo-logical approach to Scripture, one which focuses on the Bible’s main 'characters' — God and human beings — and the nature of their relationship?

Richard Brash presents such an approach, introducing six theological keys to Scripture which help us better to know God and ourselves in the three fundamental areas of being, knowing, and acting. At each stage, he develops the theme of the gracious condescension of the infinite, incomprehensible, and holy God in his relation to finite human beings: creating us as his image, establishing a proportion between his own knowledge and ours, and overcoming sin to take a people for himself through the love-gifts of his Son and his Spirit.

If you are looking for an enlarged vision of God and a renewed understanding of your own vocation before the Lord, take up this book and be refreshed in your love for God in heart, soul, and mind.

PRESS REVIEWS

I don’t know of a better introduction to Christian doctrine than this brilliant new book by Richard Brash. It is both modest and ambitious in its aim: not attempting, like a textbook, to cover all the major doctrinal themes, but rather, like a guidebook, seeking to introduce to the territory and point us in the right direction to discover its delights. We are introduced to three deceptively simple pairs of contrasting statements, which together provide a window into the vast vista of biblical teaching, a compass that enables us to navigate the terrain, and a set of keys to help us begin to unlock some of the mysteries we meet along the way. This is theology at its best: biblically grounded, mind-blowing and heart-warming. It is a great resource, both for those who are new to systematic theology and to seasoned travellers. Enjoy the journey!

Vaughan Roberts, rector of St Ebbe's Church, Oxford, author of God's Big Picture

Winsome and rich, this book wonderfully exhibits the bond between the knowledge of God and of ourselves. Richard Brash gives us a reliable compass to keep us from getting lost in the theological forest.


Michael Horton, J. Gresham Machen Professor of Systematic Theology and Apologetics, Westminster Seminary California, USA


Many people are wary of ‘systematic theology’ but it is, when done properly, simply an exercise in reading the Bible as a whole and in fellowship with God’s people. Richard Brash shows us how that is so. This simple doctrinal ‘compass’ will help you navigate life in God’s world in the light of God’s word. Richard writes with a clarity that comes from knowing the subject well. He enables us to see that the big picture of the Bible is both an unfolding narrative and a coherent account of God and his purpose in creating us, making himself known to us, and saving us from sin. Highly recommended.


Mark D Thompson, Principal, Moore Theological College, Sydney, Australia


Thoroughly contemporary but at the same time well rooted in exegesis and biblical theology, this volume quickly gripped me as a fresh, stimulating and enjoyable plea for Systematic Theology. But it is more than a plea. Its six keys serve as both invaluable entry-points and as axioms to guide us in life-long study of the relations between one biblical truth and another, and between each truth (or Scripture text) and the whole field of revelation. The keys are well chosen and, being presented in pairs, remind us of the danger of being carried away by one side of a truth at the expense of another. This volume will both feed and stretch your mind, but it will not exhaust it.


- Professor Donald Macleod, Edinburgh Theological Seminary

Knowing Me, Knowing God: Group Study Guide

Richard has written a study guide for Knowing Me, Knowing God, to help leaders of small groups run a series of eight studies based on the book. This is available for free download.

s109803.jpg

自分を知り、神を知る

神と人について聖書が説く真理を「神は私たちと似ても似つかない」と「神は私たちをご自身に似せて造られた」など相矛盾するような命題を3組挙げ、神との生きた関係に結びつけながら、わかりやすく解説。とっつきにくい印象の組織神学がぐっと身近になる!

齋藤五十三

東京基督教大学 准教授:組織神学


本書は美しい著作である。著者のブラッシュ氏は本書を、奥深い聖書の森を歩く時に方位を示す「コンパス」に例えている。そのように聖書の豊かな世界に分け入る中で、本書は六つの謎を解いていく。六つは、その謎解きの中で、本来「矛盾」と思われる二つずつがペアとなり、それぞれが「不思議に」結び合わされる中、本書は「大きな絵」を描いていく。その絵は、「神を知ること」と「人を知ること」が分かちがたく結びついていることを示しながら、人生を生きる私たちを励ます声となっていく。

本書は、組織神学の入門書である。「組織神学は無味乾燥」とのイメージを持っている人は、それを見事に覆されるだろう。それほどに本書は読みやすく、しかも豊かで深い。読者は「神と人を知る」ことこそが、生きる勇気を与える道だと目が開かれていく。そして「人生は生きるのに値する」との読後感と共に、御言葉をもって励ます神との出会いを経験することになるだろう。 

渡辺睦夫

同盟福音キリスト教会. 稲沢キリスト教会牧師

 心から本書を推薦する。血の通った組織神学入門である。「組織神学」と聞くだけで何か近寄りがたさを感じてしまう多くの書の中で本書は違う。内容として、神ご自身と聖書に内在する「聖さ」(イザヤ6:5)に対する恐れはあるが、様々な面で読者中心の入門書である。組織神学「入門」に惹かれ、読んで失望する類ではない。もちろん、組織神学の世界に入るためのある種の通過儀礼(多くの専門用語と緻密なロジックに慣れること)は必要であるが、著者はBig Wordsの説明を忘れず、また議論だけで先走らないように様々な工夫をしている。構造は驚くほど明快。相反しているように見える二つの聖書的神学概念が対置され(これが一対で合せて三対ある)、読者は全体を見ながら個々の議論を読むことができる。聖書的には、みことばの解釈と引用は適切で慎重。引用は多彩で、見逃せない神学的知恵が含まれる。日本文化に関わる引用もあって、著者が日本の読者の近くにいることが分かる。


 本書は、聖書的に「神学する」ことを教え、励ますだけでなく、「何について、どのように神学するのか」という方向づけやあり方も明らかにしている。著者が近くにいることを感じさせる組織神学の稀な入門書である。教会では、各章の最後に準備されている神学的質問を用いて、話し合い、分かち合うことができる。すでに神学しながら歩んでいる私たちを、より良く神学する教会へと導くだろう。また、毎日個人的に、帰納法的に聖書を読んでいるのなら、聖書全体から聖書を読むために本書を読まれることもすすめたい。一本一本の木を見るだけでなく、森全体を見ることも必要だから。ここに、心から本書を推薦する。

ヴォーン・ロバーツ

セント・エブス教会(英オックスフォード)主任牧師、『聖書の全体像がわかる 神の大いなる物語』 著者


この度出版される、ブラッシュ・リチャードの本よりも素晴らしい、キリスト教の教義の入門書を、私は知りません。この本の狙いは謙虚であり、野心的です。謙虚だと言うのは、この本が教科書のように全ての教義を網羅しようとはしていないからです。野心的だと言うのは、この本が、ガイドブックのように、キリスト教教義の世界を案内し、そこで見つかる楽しみや喜びを読者が発見できるように、進むべき方向を示してくれるからです。この本では、一見単純そうに見える、3対の相反する記述が紹介されます。これらの記述を合わせて考えていく中で、読者は聖書の教えの広大な景色を眺める手がかりを得ます。私たちは、聖書を学ぶ旅のコンパス、旅の途中で出会うであろう神秘の謎を解く鍵を得ることになるのです。聖書に根差し、知的刺激に溢れ、心を温めてくれる ― この本の目指すところ、これぞ、神学の極みです。この本は、組織神学を学ぶのは初めてという人にも、この種の旅には慣れているという人にも、素晴らしい助けとなるでしょう。行ってらっしゃい!


マイケル・ホートン

ウェストミンスター神学校(米カリフォルニア州)教授(組織神学、弁証論)


この本は、説得力があり、内容が豊かです。本書は、神の知識と、私たち人間の知識の間にある結び付きを、見事に示しています。リチャード・ブラッシュは、私たちが神学の森の中で迷子にならないよう、頼りになるコンパスを与えてくれます。


マーク・トンプソン

モアカレッジ(豪シドニー)校長


多くの人が組織神学に懐疑的ですが、正しく行われる時、組織神学とは、聖書を全体として、また、神の民と交わりつつ読む、鍛錬に他なりません。リチャード・ブラッシュは、まさにこのことを本書で示してくれます。この本はコンパスとなって、神の創造された世界を、神のことばに照らして生きていこうとする私たちを助けてくれるでしょう。リチャードは組織神学に精通しているので、書き方が明快です。この本を読むと、聖書の全体像が、神が私たち人間を創造し、ご自身を知らしめ、罪から救ってくださったという一連の物語であると同時に、その神ご自身と神の目的についての、首尾一貫した説明であると、理解することができます。心からお勧めします。


ドナルド・マクラウド

エジンバラ神学校(英スコットランド)教授


現代的でありながら、釈義と聖書神学にしっかりと根ざしたこの本は、新鮮で刺激的で楽しく、組織神学を学んでほしい、という筆者の願いが私の心をすぐに掴みました。しかし、この本は単に組織神学のススメではありません。この本が紹介する6つの神学の鍵は、神学への入り口であると共に、聖書の教える真理の柱として、ある聖書の真理と別の真理との関係、また、それぞれの真理(または聖書本文)と聖書の啓示全体との関係を、私たちが生涯にわたって学ぶ際の案内役となってくれます。6つの鍵はよく考えて選ばれており、対(ペア)

になって提示されているので、ある一方の真理にとらわれ過ぎて、もう一方の真理をなおざりにしてしまう危険性を私たちに思い起こさせてくれます。この本はきっとあなたの心を養い、伸ばしてくれます。でも、あなたの心が疲れてしまうことはないでしょう。